みんなの党 木村長人さんによる特別授業

10月10日、1年生の基礎ゼミナール受講生を対象に、みんなの党千葉県第5区支部長である木村長人(@NagatoKimura)さんをお招きした特別授業が行われました。

記事の更新を担当している私は3年生ですが、良い機会だと思い、ちゃっかり参加させていただきました!(笑)

「自治体・地方議会・政治家をめぐる情報政策と情報化」というテーマで、主に選挙・政治活動にまつわる情報化についてお話しして下さいました。

 

木村さんは衆議院議員秘書→江戸川区議会議員(〜2012年6月)→みんなの党千葉県第5区支部長という経歴をお持ちであるため、地方政治から国政まで、幅広い内容のお話をして下さり、あっという間の90分でした。実体験を基にしたお話も多かったため、1年生の後輩達も議員という仕事を身近に感じられたのではないでしょうか。

 

「政治活動の9割はアナログ」というお話があり、政治活動において情報化は進んでいるとはいえ、幅広い世代に自らの政策を伝えるためには、汗を流し、自分の足を使って有権者に訴えかけるという、昔ながらの手法もやはり重要であると感じました。

木村さん、お忙しい中ありがとうございました!

 

余談ですが、1年生からたくさんの良い質問があがっていて、とても感心しました。彼らが2年生、3年生でも清原ゼミを選んでくれたら嬉しいですね。私はもう3年生なので、駿河台キャンパスで彼らと一緒に勉強することは叶わないのですが…!

〔ゼミ生:飯田将弘〕

1 comment for “みんなの党 木村長人さんによる特別授業

  1. 2012年10月14日 at 10:07 PM

     こちらこそ大変お世話になりました。楽しい90分でした。どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください