いざアパートへ

待ちに待ったアパートに入居しました。日本にいる間に間取りや写真を見ただけで決めた

アパートでしたが、駅やバス停、スーパーにも徒歩で近くて生活しやすそうな場所です。

部屋から見える夕焼けが綺麗で、夕飯を作るのが楽しくなりそうです。

それはよかったのですが・・・

大きな問題は、家具を買ったらこちらでは本当に全部自分で組み立てるのですね。

「自分で組み立てることに驚いた」という記事をネットで見たことはあったのですが、
どんなに大きかろうが重かろうが、ベッドを除くすべての家具が箱でUPSなどに
送られてきて、自分で組み立てることになるとは、本当にびっくりしました。
特に可動式の本棚とウォールマートで買ったドレッサーの組み立てには骨が折れました。
どう考えても一人では重たいし、組み立てられません。いったい何時間かかったことか・・・

日本の家具の組み立てサービスは本当にありがたいですね。

さて、次にびっくりしたこと・・・

日本からEMSで生活用に荷物を送りました。これはとっても早く着きます、本当なら3日で。
しかし、どういうわけか普通ならすべてコンシェルジェが受け取る荷物をコンシェルジェに
渡さず、荷物を局に持ち帰り、さらに電話で再配達を頼むも、結局頼んだ日に持って来ず。
これまたどういうわけかオンラインでトラッキングしたら、再配達の日にちが指定した日から
勝手に変わっていました。
それならその変わった日にちに来るのかと思うと、夕方まで待っても来ないので、念のため最寄りの
郵便局に行ってみると、まだそこに荷物は山積みになっていました。さすがに郵便局まで行って問い
合わせたので、翌日には届きましたが、本来3日で到着するEMSが余計に4日もかかってしまいました。

(その上一部食器が破損していました。)

しかし、こうした驚きと腹立たしさも含めて、徐々にこっちの生活感覚に慣れてきました。昨日は
とうとう炊飯器が予定した到着日を1週間過ぎても来ないので問い合わせたら、「lost」扱いで、
購入費用は返却すると言われましたが、もう驚かなくなりました。「ああまたか」と・・・(笑)。
WIN_20140925_132128

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください