Baseball Game in D.C.

84日、10年来の友人に誕生日祝いということでワシントンでの初めての野球観戦に連れて行ってもらいました。普段は日本でも野球観戦に行かない私ですが、ワシントンに来て1年、何人かの知人から話に聞くたびに、「いいな」と内心思っていました。今回ようやく見に行くことができて、大満足です!

Washington Nationalsの球場は、地下鉄グリーンラインのNavy Yard駅から歩いて10分ほどのところ、ウォーターフロントに近いエリアにあります。75分試合開始の1時間以上前に駅に到着したのですが、すでに大勢人が駅に集まっていて球場までの道も活気を感じます。

001

 

球場に着くと、さっそく何か食べたくなりますね。こちらのローカルニュースで見たところ、Nationalsの球場ではいろいろ工夫した料理を出している、という話だったので、私は球場で売っている食べ物に期待していました。そこで見つけたのが「韓国風BBQタコス」です。なんとも不思議な組み合わせですが、思ったよりあっさりしていて、少しピリ辛で食べやすかったです。

 

002

1年半ぶりくらいに再会した友人と話しが弾んでいると、試合が始まりました!午後7時を過ぎているのに空はまだまだ明るくて、まるでデーゲームのようですが、ナイトゲームです。小さな女の子が国歌斉唱をソロで朗々と歌っている声が会場に響き渡ります。

 

 

対戦相手はD-backs。会場に選手の写真が大きく映し出されるのを見て、友人曰く、対戦チームは若くて子供みたいにかわいらしく、Nationalsの選手の写真は戦士みたい、だそうです。確かにNationalsの選手の写真はどれも勇ましい表情で撮られていました。面白い違いですね。

 

 

 

003

午後8時を回って少し暗くなってきましたが、まだ4回表くらいで、だんだん観戦客も増えてきて、応援もにぎわってきました。といっても、(テレビで見ている)日本の応援に比べたらなんとなく静かに感じます。たまに会場のスクリーンに「LOUDER」などと文字が表示されると、お客さんたちは一斉に声を出しますが、周りを見ていると、観客は携帯でおそらくフェイスブックかなにかを見て書き込んだり、動画を見ていたり・・・日本の風船を飛ばすような応援は見られませんでした。ブーイングか拍手か、思ったよりあっさりした応援だな、と思いました。

004

結局試合は8回表まで33でしたが、8回裏でNationals2点追加して、9回表でD-backs1点返され(ヒヤッとしましたが)たものの、5対4でNationalsが勝ちました。興奮さめ終わらずみんなシートから離れられないのかな、なんて思っていましたが、終わった頃にはもう午後11時くらい。あたりは真っ暗。夜遅くなると物騒ですからね。とにかく先を急ぐ人たちで通路も階段もごった返していました。

 

日本の試合の終わり時間に比べると結構遅いですね。私のアパートは遠くないのですがそれでも家に帰るともう午後11時半過ぎ。友人に至ってはその日のうちにリッチモンドまで車で2時間ほど走って帰るとか。まあ大変。というわけで、終わってから「今日は勝ったね〜」と余韻に浸っている余裕はありませんでした()

でも初めてのアメリカでの野球観戦。座った位置がよかった(友人が選んでくれたシートはいいお値段だったそうです)のでしょうけど、ピッチャーの球の速さも感じられましたし、ホームランも見られて、よかった、よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です