鈴木茂樹さんがいらっしゃいました!

去る10月14日、独立行政法人情報通信研究機構理事の鈴木茂樹さんが、ゲストスピーカーとして当ゼミにいらしてくださいました!

昨年の同じ時期にもいらしてくださり、現4年生のリサーチペーパーについてご助言いただきました。
そのとき私に紹介してくださった『ユニバーサル・サービス―マルチメディア時代の「公正」理念』(著・林紘一郎、田川義博)は昨年のリサーチペーパー及び現在執筆中の卒業論文の大きな軸たる資料となりました。 

今回は、4年生の卒業論文の中間発表を3人分聞いていただき、それぞれへの講評や質問に対する回答などを行って下さいました。

かくいう私も発表したうちのひとりであり、取り扱っているアクセス部門分離議論への新たな視点の提案や、ユニバーサル・サービス制度の展望についての見解などをいただきました。
資料を追うだけでは気づかない点を多々指摘していただいたことで、私たちの卒論もよりよいものになると思っています。

ゼミ後は昨年に倣って懇親会を行いました。
その場では、情報通信政策に限ったことではなく、総務省のことや鈴木さんの就活生時代のことなど、お酒を交えながら様々お話いただきました。
特に鈴木さんがいかにして公務員試験の勉強を行ったか、というお話はこれから就活が本格的に始まる3年生にはとてもためになったではないでしょうか?

2年続けてお忙しい中、お越し下さった鈴木さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!
そして機会がありましたら、またぜひいらしてください!

1 comment for “鈴木茂樹さんがいらっしゃいました!

  1. 2010年10月18日 at 5:21 PM

    清原ゼミの皆さん
    講義を聴いてくださった学生の皆さん

     政策について語る貴重な機会をいただきありがとうございました。
     今年の講義は、やや裏話的な面が強くて、政策の最前線の話を期待していた向きには、ご不満があったかもしれません。何でも、メールで聞いてきてください。
     ゼミの様子を拝見していると、1回生と2回生の情報量の違いに驚きます。若いときの知識の吸収力は凄いものです。貴重な時間と授業料を無駄にしないように一所懸命勉強してください。
     これからは、労働市場も国内だけでなく、世界的な競争になって行きます。中国初め新興経済国の労働者に負けないだけの価値を自分に付けるようにしてください。
     活躍を期待しています。
    (独)情報通信研究機構 理事 鈴木茂樹 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください